おいしいカレーの行方

カレーが大好き。でも、一度大量に作ると連日カレーと向き合うことになる。いくら好きでも、毎食カレーの準備をするたびになにかを変化させたくなってくる。
でも、カレーのアレンジは簡単ではない。どんな工夫をしてもカレー味は色濃く残る。簡単には消せない。

これまでに、オムレツをのせたオムカレー、ご飯にとけるチーズをのせたチーズカレー、福神漬けやゆで卵、湯がいたほうれん草を載せるバージョン、ご飯の代わりにパンと食べる、カレードリアなどなど数々のアレンジにチャレンジをしてきた。冷凍保存するという手ももちろんあるけれど、私はじゃがいもをカレーに入れるのでうまく解凍することができないのだ。

「またカレーか…」と思いながらも、なんだかんだ家においしいカレーがあると、るんるんで数日過ごせる。
献立を考えるのも簡単だし、数日はお買い物しなくても良いし。

そして、待ちに待ったカレーの最終日、その花道を飾るのは、やっぱりカレーうどんだと思う。
鍋のへりについたカレーを綺麗に落としながら、お出汁やら麺つゆやらを加えていく。それにお揚げさん、ネギなどを加えていくと、もう祭りのような形相になっていく。完成した華やかなカレーうどんを見ながら、今日まで美味しさをありがとうという気分になる。
カレーうどん後の鍋は、比較的綺麗になっているので洗いやすく、ずぼらな私には洗いやすい。

おいしいカレーの花道として、こんな最適な料理が他にあるだろうか。

(アイキャッチ画像は、京都で食べたカレー。このお店に併設されている宿に泊まったときに食べたもの。今見てもよだれがでる。)