読書の記録に便利な無料アプリ「読書メーター」

本を読んでいると、過去にどんな本を読んだっけ? とか年間にどのくらいの本を読んでいるのか気になることってありませんか。
そんな方におすすめしたい無料の読書の記録ツールが「読書メーター」です。
今回の記事では、読書メーターについてご紹介します。

スポンサーリンク

読書の記録ツール「読書メーター」とは?

読書メーターは、読んだ本を登録してコレクションすることができる無料のツールです。

読み終わった後に本をサイトで検索することで、サイト内の本棚のようなところに本をどんどん追加していくことができます。
本のカバー付きでコレクションできるので、お気に入りの本棚がネット上にあるような気持ちになるんです。
読書メーター

月あたりにどのくらいの冊数を読んだか、何ページの読書量だったのか、どの作家の本を読んでいるか?なども下記画像のように一目でわかるようになっています。
読書メーター

コレクションするときには、読んだ本の感想を書き留めることもでき、本に興味がある方と感想を共有することも可能です。
また同じような本を読んでいる方とつながることもでき、読書好きな方のコミュニティにもなっています。

読書メーターの使い方はとっても簡単

まずは、読書メーターのサイトに情報を登録します。
Google・FaceBook・Twitterのアカウントでもログイン可能です。

読んだ本を登録しよう

それでは登録の仕方を簡単にご紹介します。
今回は例として村上春樹の「海辺のカフカ」で登録手順を紹介してみます。

ログイン後、まずはページ上段の検索欄で本を検索します。
読書メーター
検索箇所にタイトルや著者を入れると、簡単に該当の本がヒットします。
登録したい本を選び、追加するだけです。
読書メーター

このとき、感想などを記入することもできますので、必要に応じて入力すれば完了です。
とっても簡単に読んだ本を登録できちゃいます。
読書メーター

まとめ

読書メーター

読書好きな方、月にどのくらいの本を読んでいるのか登録したい場合にはサイト「読書メーター」がおすすめです。

本を買って読まれる方は、家の本棚に入れておけばどの本を読んだか一目瞭然だと思いますが、私は図書館から本を借りて読んでいるため、どの本をいつ読んだか忘れてしまうんですよね。
私の場合は、読書が好きでたまらないというタイプではなく、意識的に読書習慣をつけたいと思っているため、このように本を記録しておくと読書のモチベーションにもなるんです。

以前は家に本を揃えたいという思いもあったのですが、このサイトに登録したことで、本はこのサイトの本棚にコレクションしようと思うようになり、節約にもなっているかもしれません。