テイクアウトのカオマンガイをアレンジ

ああ「カオマンガイ」が食べたいと思って調べたところ、自宅から20分程度歩いたところにネットで評判のカオマンガイ屋さんがあることが判明。
灼熱の東京の空の下、とぼとぼと往復40分かけてカオマンガイをテイクアウトしてきました。

そのときは外出自粛ではなかったし、お店は広々としていてなかで食べても問題はなさそうでしたが、家にたくさんのパクチーがあることを思い出して、”パクチーマシマシ”でこれを食べたいという欲望が抑えられず、テイクアウトしました。

お家についてから、急いでお皿にカオマンガイをあけ、
・パクチー
・トマト
・レモン
・きゅうり
・ブロッコリースプラウト
・ガーリックパウダー
・ラー油

を好きなだけかけて、むしゃむしゃと食べました。

実家でカオマンガイを母が作ってくれたことがあったのですが、やっぱり「お米」がジャスミンライスのほうがおいしいなあと思うんですよね。
家にジャスミンライスはないので、「カオマンガイ」って私にとってはお店で食べる味なんです。

このカオマンガイは、タイだけではなく、香港・マレーシア・シンガポールなど東南アジアで広く親しまれている料理なんだそう。エスニック料理や辛いものが苦手という方でも、この料理は日本人の口に合いやすいそうです。

カオマンガイといえば、新卒で働いていた会社時代、ときどきお昼に食べて口がにんにく臭くなったことをふと思い出しました。お店によって、にんにくの利き具合が異なるので注意が必要です。