紅茶のこと

ロンネフェルトのルイボスアールグレイは香り華やか!ミルクティーにも

ロンネフェルトのルイボスアールグレイはロイヤルミルクティーにぴったり

こんにちは。ハンガリーの首都・ブダペストに住んでいる主婦です。
おいしい紅茶を飲むのが趣味なのですが、現在はカフェインレスのお茶にハマっています。

カフェインが入っていないお茶にもさまざまな種類がありますが、私がいま好きなのはルイボスティー

なぜなら、紅茶のようにいろんなフレーバーがあるからです!
ルイボスオレンジやルイボスバニラ、ルイボスチョコなどなど…。ほかのハーブティーなどは、あんまりフレーバーってないですよね…?
ルイボス自体の味があまり主張しすぎないから、ルイボスティーはほかの果実などとうまく調和するんでしょうか。

今回の記事では、最近購入したロンネフェルト(Ronnefeldt)の「ルイボスアールグレイ(Rooibos Earl Grey)」についてご紹介します。

ロンネフェルトの「ルイボスアールグレイ」とは?

ロンネフェルトのルイボスアールグレイはロイヤルミルクティーにぴったり
アールグレイって、紅茶で良く耳にするフレーバー名ですよね。これは、紅茶の茶葉に、ベルガモットという柑橘類の香りをつけたものです。

ちなみに、アールグレイ”Earl Grey”は、グレイ伯爵という意味。イギリスのグレイ伯爵が、このフレーバーのお茶の誕生に深く関わっているんだそうですよ。

今回ご紹介するお茶「ルイボスアールグレイ(Rooibos Earl Grey)」は、お茶の葉っぱではなく、ルイボスの葉っぱにベルガモットの香りをつけています。

ロンネフェルト(Ronnefeldt)の「ルイボスアールグレイ(Rooibos Earl Grey)」には、さらに矢車菊の花びらも入っているので、より華やかなお茶に仕上がっているんです。

茶葉を見てみてください。
ロンネフェルトのルイボスアールグレイはロイヤルミルクティーにぴったり
ところどころに見える青いものが、矢車菊の花びらです。

ロンネフェルトの「ルイボスアールグレイ」でロイヤルミルクティーを

ロンネフェルトのルイボスアールグレイはロイヤルミルクティーにぴったり
まずはストレートで飲もうかなとも思ったのですが、寒い朝だったので、ロイヤルミルクティーを作りました。
といっても作り方はとっても簡単。

<作り方>ルイボスアールグレイのロイヤルミルクティー(2杯分)

1.手鍋にマグカップ一杯の水を入れる
2.さらにマグカップ一杯分の牛乳を加える
3.大さじ2杯のルイボスアールグレイ茶葉を入れる
4.手鍋を火にかけて、ときどき混ぜる
5.沸騰する直前で火を止める
6.茶こしで濾したら完成!
(※お好みでお砂糖やはちみつを加えるてもおいしいです。)

完成したミルクティーはこちら。
ロンネフェルトのルイボスアールグレイはロイヤルミルクティーにぴったり
おいしい…!こんなにおいしくてカフェインもないなんて、最高すぎる…!
マリアージュフレールのルージュアールグレイよりも、一段華やかな感じがします。

アールグレイが飲みたいけれど、カフェインはちょっと…という方には自信を持っておすすめするフレーバーです。
あっでもまだストレートで飲んでないんだった…。ストレートのレビューも今度追記します。

紅茶の基本情報

ブランド名:ロンネフェルト(Ronnefeldt)
お茶名:「ルイボスアールグレイ(Rooibos Earl Grey)」
原産地:南アフリカ

マリアージュフレール(MARIAGE FRERES)の「ルージュアールグレイ(Rouge Earl Grey)」
マリアージュフレール(MARIAGE FRERES)の「ルージュアールグレイ(Rouge Earl Grey)」以前の記事でも書きましたが、現在、おいしいノンカフェインティーを探しています。 ブラックティーももちろん飲みますが、1日のカフェイ...
ABOUT ME
「うたかたの日々」
20代の主婦。夫と二人暮し。 「食」の時間をちょっと豊かにするおすすめのギフトや、趣味の紅茶のこと、お気に入りのレストラン、日常の出来事などについて綴ったサイトです。 家族の転勤に伴って、現在はハンガリーに住んでいます。こちらでの生活の様子やおすすめの観光スポットなどもご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です