ハンガリーの食

絶対に食べるべき!ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」は霜降り・赤肉で絶品

ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」は霜降り・赤肉で絶品

こんにちは。ハンガリーの首都・ブダペストに住んでいる主婦です。
ハンガリーは海がない国なので、なかなか新鮮なシーフードを得ることはできませんが、その代わり?おいしいお肉はお手頃価格で手に入ります。

市場やスーパーで売っているお肉の多くも安くておいしいですが、ハンガリーに来たからにはとくに食べていただきたいのがハンガリーの国宝に指定されている「マンガリッツァ豚」。

今回の記事では、そんなマンガリッツァ豚についてご紹介します。

ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」って何?

「マンガリッツァ豚」は、品種改良によって1833年に生まれたハンガリー固有の種類の豚。
一時数百頭まで減少してしまったこともありましたが、現在ではハンガリー国内で5万頭ほど飼育されています。

ハンガリーの国宝には、2004年に指定されました。
ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」は霜降り・赤肉で絶品
「マンガリッツァ豚」の特徴はなんといっても、豚なのに全身が羊のような毛糸で覆われているところ。毛むくじゃらの豚を意味する「ウーリーピッグ」という別名もつけられています。

お肉は、通常の豚肉と比べて霜降りが多くて、肉の色も濃く、牛肉に近い味わい。
とてもおいしいお肉なので、ドイツやウィーンなどのレストランでも食べられるそうです。
日本国内でも飼育されていますので、日本で見かけたことがある方もいらっしゃるかと思います。

「マンガリッツァ豚」を買ってみた

そんな「マンガリッツァ豚」は、ブダペストの市場で簡単に購入することができます。
これまでに購入したことがあるのは、以下の3つの部位です。
(ハンガリー語はわからないので間違えているかもしれませんが…。)
・豚肩ロース
ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」は霜降り・赤肉で絶品
・豚バラブロック
ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」は霜降り・赤肉で絶品
・骨付きのロース
ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」は霜降り・赤肉で絶品
とくに見ていただきたいのが、豚肩ロースの霜降り…!!
赤身のお肉で、本当に牛肉みたいなんです。

「マンガリッツァ豚」の味は絶品

ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」は霜降り・赤肉で絶品
「マンガリッツァ豚」はお肉の味わい自体が絶品なので、常温に戻してから塩胡椒して、小麦粉をつけてさらっとフライパンで焼いていただいています。

脂の融点が低いらしくて、焼いているとびっくりするほどフライパンに脂がでてくるので、キッチンペーパーで適当にふきながら焼き上げています。

豚バラブロックは、煮込んで角煮を作りましたが、こちらもとてもおいしかったです。

「マンガリッツァ豚」はMammut横の市場で

最後に私が「マンガリッツァ豚」を購入したお店をご紹介します。
ブダペスト市内でいくつか「マンガリッツァ豚」が買えるお店があるようですが、私はこちらに住む日本人の方に教えていただいたこのお店でいつも購入しています。
Fény Street Market
住所:Budapest, Lövőház u. 12, 1024
クレジットカード:使えるときと使えないときがあって困っています…。ご存知の方、どんな場合に使えるのか教えてほしいです…。
アクセスマップ:

以上、ハンガリーの国宝「マンガリッツァ豚」についてご紹介しました。
市内のレストランでも食べられるようですが、現在はコロナで閉店しているお店も多く、私はお店では一度もマンガリッツァ豚を食べられていません…。

コロナが収束してハンガリーに旅行にくる方は、ぜひレストランで食べてみてください。

ブダペストの新鮮な魚屋さん
ハンガリー・ブダペストで新鮮なシーフードを手に入れる方法こんにちは! ハンガリーの首都・ブダペストに住んでいる主婦です。 ブダペストは大きな都市なので、スーパーもたくさんあり、日頃の食...
ABOUT ME
「うたかたの日々」
20代の主婦。夫と二人暮し。 「食」の時間をちょっと豊かにするおすすめのギフトや、趣味の紅茶のこと、お気に入りのレストラン、日常の出来事などについて綴ったサイトです。 家族の転勤に伴って、現在はハンガリーに住んでいます。こちらでの生活の様子やおすすめの観光スポットなどもご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です