アボカドの水耕栽培に挑戦 −アボカド成長記録−

アボカドの水耕栽培の成長記録

2020年7月下旬から、アボカドの水耕栽培を開始しました。
この記事では、アボカドの成長記録をつけていきます。

スポンサーリンク

アボカドの種を水耕栽培で育てる方法

まずは、アボカドの種を水耕栽培育て方をご紹介します。

  1. スーパーでアボカドを買ってきます。どんなものでもOK。
  2. アボカドの果肉部分を食べて、種を取り出します。
  3. 取り出した種を、ヌメリが取れるまで水で洗います。
  4. 種をよくみて上下を定めます。平べったい方が下側です。
  5. アボカドの赤道面に対して、3箇所つまようじを刺します。
  6. 容器に、種の下側1/3~1/2が水に浸かるように入れます。

補足
つまようじを刺す理由は、種の下側のみを水に浸けるためです。もしほかの方法で、下側だけを水に浸せるならば、つまようじを使わなくてもOKです。
種を入れる容器はどんなものでも構いませんが、透明の容器を使うと根の成長が簡単に観察できるので楽しいです。
容器にセットしたあとは、直射日光が当たらない日当たりの良い場所において、定期的に水を取り換えます。

アボカド成長記録 −0日目−(7月25日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

近所のスーパーで購入したアボカドを使い、水耕栽培を開始しました。

アボカド成長記録 −13日目−(8月7日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

約2週間後、種の皮の表面が割れ始めました。内側の種自体が割れているかは、外から判別できません。

アボカド成長記録 −19日目−(8月13日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

水耕栽培を開始してから約20日後。割れ目から、根っこがでてきました。

アボカド成長記録 −25日目−(8月20日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

ついに、種の上部から小さな芽がでてきました。

アボカドの水耕栽培の成長記録

根っこもどんどん伸びてきました。

アボカド成長記録 −27日目−(8月22日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

わずか2日で芽と根がどんどん伸びてきました。発芽・発根するまでは結構時間がかかりましたが、一旦発芽してしまうと、その成長のスピードが結構早くで驚きました。

アボカド成長記録 −33日目−(8月28日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

さらに枝が伸びてきました。まだ葉っぱは開いていませんが、薄らと双葉が見えています。

アボカド成長記録 −41日目−(9月5日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

まだ葉っぱは開いていませんが、茎がグングンと伸びてきました。

アボカド成長記録 −63日目−(9月28日)

アボカドの水耕栽培の成長記録

約2ヶ月経ちました。かなり葉っぱが増えてきました。