紅茶のこと

イギリスからウィッタード(Whittard of Chelsea)の紅茶を買ってみました!

イギリスからウィタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!

こんにちは!おいしい紅茶を飲むことが趣味の主婦です。このサイトをご覧くださり、ありがとうございます。

現在、私は家族の転勤に伴ってハンガリーに住んでいます。
紅茶を飲むことが趣味ですが、ハンガリーにいるためになかなか日本にいるときと同じように紅茶を買うことができません…。

ハンガリーにはAmazonも楽天もないですし、イギリスやフランスなどの紅茶ブランドも出店していないんです。

ただドイツのロンネフェルト(Ronnefeldt)は、ブダペストにいくつか店舗を構えていて、日本よりも安く紅茶を売っているので、その点はとても嬉しいです!

だいたい日本と比べると、1/3くらいの値段感でしょうか。せっかくなので今のうちにたくさんロンネフェルトのお茶が飲みたい!と足繁く通っております。

ロンネフェルト(Ronnefeldt)のティッピー ゴールデンアールグレイ(Tippy Golden Earl Gray)
【感想】ロンネフェルト(Ronnefeldt)のティッピー ゴールデンアールグレイ(Tippy Golden Earl Gray)こんにちは。紅茶を飲むことが趣味の主婦です。 このサイトをご覧いただきありがとうございます! 現在は、家族の転勤に伴ってハンガリ...

…しかしときは、別のブランドの茶葉もほしい!飲みたい!集めたい!となってしまうのが、紅茶好きの性。

そこで調べてみると、なんとフランスのマリアージュフレール(MARIAGE FRERES)やイギリスのウィッタード(Whittard)の紅茶が日本よりも安く手に入ることがわかりました!

これまでにマリアージュフレール・ウィッタードから紅茶を購入しましたが、どちらも送料のみで問題なく希望の商品が届きました。

今回の記事では、ウィッタード(Whittard)のオンラインショップで買った購入品をご紹介します。
(個別の紅茶のレビューは、また別途の記事で公開する予定です。)

イギリスの老舗紅茶ブランド「ウィタード オブ チェルシー(Whittard of Chelsea)」とは?ブランドの概要などをご紹介
イギリスの老舗紅茶ブランド「ウィッタード オブ チェルシー(Whittard of Chelsea)」とは?ブランドの概要などをご紹介イギリス生まれの老舗紅茶ブランド「ウィッタード(Whittard)」。紅茶好きな方なら一度は聞いたことがある有名ブランドですよね。 ...

開けてびっくりな段ボールの装飾

ウィッタードって、結構、茶葉のパッケージなどもイギリスらしくてこだわっている感じがしていたのですが、届いたのは普通の段ボール。

意外とシンプルだなと思って開けてみたらびっくり。段ボールの内側にかわいらしい装飾がされていて、開けた瞬間に購入した商品類が一度に見られるように配置されていました。
イギリスからウィタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!
段ボールの下には、梱包材がしっかりと敷き詰められています。商品の箱にも傷や凹みなどはなく、とても綺麗な状態で届いたので嬉しくなりました。

また注文してから、注文受付のお知らせ、発送が完了したこと、そして荷物の追跡が開始になったことや追跡番号などを随時メールでお知らせしてくれたので、安心して受け取ることができました。

The Tea Discovery Collection(£25)

さてさてそれでは今回買ったものをご紹介します。

日本のネットショッピングで購入できるものについては、記事の最後にリンクを貼っておきます。
海外から購入するのはちょっとこわいけどウィッタードの紅茶を飲みたいという方はぜひ利用してみてください。!

まず一番楽しみにしていたのはこちらの「The Tea Discovery Collection」
ウィッタードで人気の8種類の紅茶や緑茶が入ったアソートセット。
すべて個包装なしのティーバッグタイプ。なんと全部で160杯分も入っているんです。
イギリスからウィタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!
具体的には、ジャスミンティー、アフタヌーンティー 、マラケシュミント、イングリリッシュブレックファスト、アールグレイ、イングリッシュローズ、ロシアンキャラバン、アッサムが入っています。

まるで世界中を旅するようにお茶を楽しめるセットですね。ひとつ一つのお茶が入ったパッケージもかわいらしいです。

British Icons Caddy Gift Box(£26)

次にご紹介するのは、ロンドンの各地域をイメージしたアイコニックな紅茶3種のギフトセット
イギリスからウィタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!
コヴェント・ガーデンをイメージしたCovent Garden Blend、ウィッタードの本店が生まれたチェルシーにちなんだChelsea Breakfast、そして大きな広場が特徴のピカデリーから名前をとったPiccadilly Blendの3種類が入っています。

味わいが異なる3種類の紅茶も魅力的ですし、ロンドンらしいキャディもかわいくて今回買ってみました。

English Fruits Flavor Instant Tea(£8)

イギリスからウィッタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!
少し珍しい、インスタントタイプの紅茶も買ってみました。
こちらは、いちご・りんご・ラズベリーが入ったフルーツティー粉末のインスタントにしたもの。

お好みの量をお湯や水に加えて、簡単においしい紅茶を作ることができます。

大学生の頃にイギリスに行ったことがあるのですが、その際にこのウィッタードのインスタントティーがとてもおいしかった記憶があり、今回購入しました。

夏にアイスティーにして飲むつもりです。

Blueberry Rooibos Loose Tea 100g(£6.50)

イギリスからウィタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!
最近はまっているルイボスティーも購入しました。こちらは、ブルーベリー入りのルイボス。夏に飲むと爽やかでおいしそうかなと思い、選びました。

イギリスの紅茶ブランドは、あまりルイボスティーのブレンドはフレーバーが少ないような気がしていますが、どうなんでしょうか。
マリアージュフレールなどは、いろんなルイボスティーフレーバーを販売していますよね。

カフェイン量を制限しているので、ぜひ紅茶大国のイギリスにカフェインがないいろいろなお茶も販売してほしいなあなんて思っています。

Decaf English Breakfast Teabags(€5.5)

イギリスからウィタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!
カフェイン摂取量の制限の一環で、デカフェの紅茶もいろいろと試しています。
そこで今回、デカフェのイングリッシュブレックファストも買ってみました。

こちらは、個包装がしていないティーバッグタイプのもの。
デカフェの紅茶って、香りがなくなっているものも多いのですが、この商品はどうでしょうか。今からわくわくしています。

All Butter Shortbread BiscuitsとEarl Grey All Butter Biscuits

イギリスからウィッタード(Whittard)の紅茶を買ってみました!
あとこちらは、おまけでついてきたショートブレッドとビスケットです。
私が注文した当時は、£30以上の購入するとこのふたつのお菓子がついてきました。

なんとも太っ腹なおまけですね。紅茶との相性も間違いないお菓子がゲットできて、とても嬉しいです。

以上、今回イギリスのウィッタードから購入した商品をご紹介しました。

公式サイトは、以下のURLからアクセスいただけます。
https://www.whittard.co.uk/
日本までは、送料が£16かかるようですよ。

日本国内でウィッタードを購入したい場合には、店舗がないため、オンラインショッピングで購入することになります。
今回ご紹介した商品に関連するリンクを掲載しておきますので、参考になさってください。

ABOUT ME
「うたかたの日々」
20代の主婦。夫と二人暮し。 「食」の時間をちょっと豊かにするおすすめのギフトや、趣味の紅茶のこと、お気に入りのレストラン、日常の出来事などについて綴ったサイトです。 家族の転勤に伴って、現在はハンガリーに住んでいます。こちらでの生活の様子やおすすめの観光スポットなどもご紹介します。