茶器について

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介

こんにちは。ハンガリーの首都・ブダペストに住んでいる主婦です。
このサイトをご覧くださり、ありがとうございます!

こちらの生活で楽しみにしていることのひとつが、アンティークショップに行ってお手頃な値段でかわいい食器を買うことです。

日本でアンティークショップというと、高級で敷居が高いというイメージがあるかもしれませんが、ブダペストでは街中にたくさんのショップがあり、数百円程度のお手頃な値段で時代を感じる食器を買うことができるんです。

よく行っている食器屋さんについては、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ読んでみてください。

お手頃価格でアンティークの食器が見つかるお店「Antiklaedle régiségbolt」@ブダペスト
お手頃価格でアンティークの食器が見つかるお店「Antiklaedle régiségbolt」@ブダペストこんにちは。ハンガリー・ブダペストに住んでいる主婦です。 ブダペストにはIKEAやフライングタイガーなどもあるので、簡単に食器を買...

さてさて今回の記事では、自分の備忘録も兼ねて、購入した食器とそのブランドについて細々と紹介していきたいと思います。

フランス・サルグミンヌ陶器の平皿

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
まずは、ぐるっとお皿のふちにお花やバスケットが描かれた平皿。
お皿の裏側には、「CORBEILLE SARREGUEMINES」 made in Franceと書かれています。
ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
SARREGUEMINES(サルグミーヌ)とはフランスにあるドイツ国境に面した街の名前で、CORBEILLE(コルベイユ)はこのお皿に描かれているバスケットを意味しています。

少し調べてみると、この街で1700年代後半から作られた「サルグミンヌ陶器」は、上流階級の人々だけではなく、一般の人からも愛された陶器だったよう。

現在「サルグミンヌ陶器」は廃業しており、現行品を手に入れることはできません。フランスからどうやってこのお皿がハンガリーのアンティークショップに来たのか、どのような人々に使われてきたのかを考えると、なんともわくわくします。

夫は、このプレート皿が一番好きなようです。

ベルギー・BOCH(ボッホ)の平皿

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
私が気に入っているのは、お皿の縁取りが花のようになったこちらの平皿。
ベルギーの陶磁器ブランドBOCH(ボッホ)というブランドの食器です。

お店の店員さんによると、こちらのお皿はだいたい1930年~50年頃に作られたもののよう。
ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
メイン料理を並べるのにちょうどいい大きさで、装飾も華美すぎないので、使い勝手がいいです。

ドイツ・C.T.(Carl Tielsch)のデザート皿

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
次にご紹介するのは、かわいらしいスミレの花が特徴のデザート皿。
本当は2枚だけ買いたかったのですが、セット売りしかできないといわれ、8枚くらいを購入してしまいました…。

お皿の裏側には、C.Tの文字。これはドイツのカールティールシュ(Carl Tielsch)という磁器ブランドの意味です。
1900年代の前半くらいに作られたお皿のようです。
ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介お菓子やケーキをちょっこっと置くのにぴったりなサイズ感で、とても気に入っています。

オランダ・ソシエテ陶器のお皿

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
こちらは、少し下手?な感じで書かれたラインとお花がなんともいえない雰囲気を作り出しているお皿。
多く作るために模様を単純化したのかな、なんて思っています…笑

でも食材をのせてみると、意外にかわいんですよね。サイズ感もちょうど良くて、よく使っています。
ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
お皿の裏側にあるサインによると、オランダのソシエテ陶器というところが作ったもののよう。

ドイツ・Krautheim & Adelbergのスープボウル

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
スープを飲む用の食器がなかったので、スープボウルも購入しました。
シンプルな白一色のもので、取手がおもしろいデザインです。
ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
裏面の印をみてみると、ドイツの陶磁器メーカー Krautheim & Adelbergのものであることがわかります。1977年に廃業しているメーカーのようで、少なくともそれ以前に作られた食器です。

ドイツ・Edelstein Bavariaのティーカップセット

ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
紅茶を飲むことが趣味のため、アンティークのティーカップも購入しました。
金彩が太めで少し華やかなすぎるかなと迷いましたが、描かれているお花がとても可憐だったので、こちらにしました。
ブダペストで購入したお気に入りのアンティーク食器をご紹介
ドイツ生まれのEdelstein Bavariaという陶磁器ブランドのものです。店員さんの話しによると、1930年ごろに作られた食器。
よくみると、ハプスブルク家の女帝ともいわれる「マリア・テレジア」の名前も書かれており、こちらがシリーズ名なのかなと推測しています。

以上、ハンガリー・ブダペストのアンティーク食器屋さんで見つけたお気に入りの食器をご紹介しました。値段はほとんどがひとつ数百円程度ですが、ティーカップセットだけ少しお高めでした。

アンティーク食器好きの方など、お気軽にコメントいただけると嬉しいです。
ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
「うたかたの日々」
20代の主婦。夫と二人暮し。 「食」の時間をちょっと豊かにするおすすめのギフトや、趣味の紅茶のこと、お気に入りのレストラン、日常の出来事などについて綴ったサイトです。 家族の転勤に伴って、現在はハンガリーに住んでいます。こちらでの生活の様子やおすすめの観光スポットなどもご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です