日常のこと

憧れだった洋服ブランド「アナトリエ」が閉店した

憧れだった洋服ブランド「アナトリエ」が閉店した

最近は全然着るものに無頓着になってきた。
一人で出かけるか、家族と出かけるしか用事がない。
仕事でフォーマルな格好をしなければならない、誰かに会うためにおしゃれをしたいということがなくなったからだ。

そんな私でも、大学時代や社会で働いていた頃は、お洋服を買うのが好きだった。
移動中の電車で、ZOZOTOWNやブランドサイトをみて、洋服を探すのを楽しんだり、夏やお正月のセールに行ったり…。

洋服を買うのが好きになったきっかけのブランドが「Bon mercerie de anatelier(ボンメルスリードアナトリエ)」だった。

当時学生だった私には、かなり高い値段のお洋服だったのだけど、セールか何かで購入した一枚のワンピースが、自分にとっての「洋服」のあり方を少しだけ変えてくれたのだ。

その少し大人っぽいワンピースを着ると、自分の所作までが変わる気持ちがしたし、洋服により似合う自分になりたいと思えた。

それまでそんな洋服に出会ったことはなかった。おしゃれに興味がないってこともないけれど、進んで雑誌を読んだりはしなかったし、まあ変じゃなければ良いでしょという感覚だったのかもしれない。
(今当時の写真をみるとめちゃくちゃ変な格好をしているので、多分結構変な格好をしていたと思います。。一緒に街を歩いてくれた友達たち、ありがとう。ごめんなさい…。)
憧れだった洋服ブランド「アナトリエ」が閉店した
「洋服」の力ってすごいと思った私は、なんと大学生のとある1年間、憧れの「Bon mercerie de anatelier(ボンメルスリードアナトリエ)」でアルバイトまでした。

主にOLさん向けのブランドだったので、いらっしゃるお客さんはお姉さんばかり。芋っこくて洗練されていない私に接客されたお客さんたちは、不満ではなかっただろうか。思い出しても不安になってしまう。

一緒に働くお店のスタッフさんたちは、とても優しく、そして何より美しくてかっこよかった。「私、普段はもっとカジュアルな格好しているんだ〜」とおっしゃりながらも、お店に立つと、そのブランドを着るために生まれてきたように振る舞っていて、見ていて気持ちよかった。

ほとんどお店の戦力にならぬまま、社割で買った(どこに着ていくのか…?)というお洋服たちと、アパレル業界に就職すると大変そうだ…という、実ににわかな感想だけを得て、一年経った頃にアルバイトをやめてしまった。

大学時代を通していろいろなアルバイトをしたが、なかなか興味深かったのは、この洋服店での経験かもしれない。これまでに関わったことがないくらいに華やかな世界とニコニコした人々、その明るさと実態の乖離…。
憧れだった洋服ブランド「アナトリエ」が閉店した
さてさてそんな「Bon mercerie de anatelier(ボンメルスリードアナトリエ)」は、その元となっている、よりお姉さん向けのブランド「anatelier(アナトリエ)」とともに、2021年の冬になくなってしまった。

社会人になっても私を魅了してきたアナトリエ独特のワンピース、カーディガン、スカートたち。今は着るあてもなく自宅の引き出しにひっそりと眠っている。

正直、機会の問題というより体型の問題で着られないものも多いので、こんまりさん的には速攻捨てるべきお洋服ではあるが、大学時代のあの1年間のバイトのことや、短い社会人生活でウキウキしながら買った思い入れが染み込んでいるので、家のスペースが許す限り、私はこのお洋服たちと一緒に暮らしていきたいと考えている。

アナトリエというブランドが、自分の人生の一部を、ほっと明るく照らしてくれたことを忘れない。

ABOUT ME
「うたかたの日々」
20代の主婦。夫と二人暮し。 「食」の時間をちょっと豊かにするおすすめのギフトや、趣味の紅茶のこと、お気に入りのレストラン、日常の出来事などについて綴ったサイトです。 家族の転勤に伴って、現在はハンガリーに住んでいます。こちらでの生活の様子やおすすめの観光スポットなどもご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です